SkyWater
XPRIZEが2016年に開始した、"100%再生可能エネルギーだけを使い、大気から1日あたり最低2,000リットルの淡水を抽出する装置"開発コンペ「Water Abundance XPIZE」にて、Skysource / Skywater Allianceの開発したWEDEW(Wood to Energy Deployed Water)が賞金150万ドル(約1億6900万円)を獲得しました。

WEDEWは、温かい空気を冷却することでタンク内に結露を発生させ、その水分を蓄える装置と、それに必要となる熱と湿気を枯れ落ちた木材のチップやココナッツの殻その他のバイオマスの熱分解から生み出す装置を組み合わせたもの。このバイオマスは自然の状態で放置すれば大量のCO2を放出する山火事の原因にもなり得るため、水を生み出す処理に利用するのは一石二鳥ともいえるでしょう。さらに、熱分解後のスラッジは有機物を多く含むバイオ炭(biochar)として、土壌改良に再利用できます。WEDEWは、木材資源が豊富でない地域では太陽光エネルギーやバッテリー電力などで可動させるさせることもできます。いずれの場合でも、主に水分が不足していたり飲料水が高価すぎて行き渡らないような地域で、きれいな水を生み出せます。実際、すでに可動しているWEDEWシステムはすべて非バイオマス式のものとのこと。

バイオマス式のWEDEWシステムはWater Abundance XPIZEのために開発したものであり、賞金として獲得した150万ドルは非営利団体と協力してこの方式のシステムを生産し普及させるために使われす。

バイオマス、非バイオマスいずれの方式でも、WEDEWはきれいな飲み水が得られない地域に必要とされるものに違いありません。また、コンテナで運搬できるようにしておけば、災害で生活インフラが機能しない被災地にヘリなどで持ち込んで使うといったこともできそうです。