Oculus GoにVR画面のキャスト機能が追加。周りの人がスマートフォンで視聴可能に

友達と集まるときには便利な機能です

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年10月25日, 午後 12:30 in vr
0シェア
FacebookTwitter
Oculus Go Casting
VR体験は楽しいものですが、複数人が集まった際に体験する際の問題として、ヘッドセットを装着していない周りの人には何が見えているのかわからないことが挙げられます。このため、例えば友人が集まったときに体験する場合などでも、なかなか一緒には盛り上がり難いものです。

しかし、これを解消するキャスト機能がOculus Goに実装されました。この機能は9月末に行われた開発者会議 Oculus Connect 5で発表されていたもの。まだベータ版での提供とのことですが、すでに利用可能になっています。使い方はシンプルで、Oculus Goのメニューから「キャスト」を選ぶと、Oculusアプリをインストールしたスマートフォンにストリーミングが開始されます。ただし、利用するにはOculus Goとスマートフォンが同一のWi-Fiネットワークに接続している必要があります。

テレビなどの大画面で共有することはできませんが、周りの人と一緒に楽しみやすくはなるはずです。また、VR画面のキャプチャも撮影しやすくなりそうです。

なお、もう一つの重要なアップデートとして、VRアプリやコンテンツ内でのOculus行動規範に反したコンテンツや行動(露骨に性的なコンテンツや攻撃的、差別的な行動など)を、動画で撮影し報告できる機能が追加されています。個々のアプリ開発者ではなく、Oculusのサポートチームに直接報告が上がる仕組みです。

この機能はOculus GoとGear VRで利用可能になっており、来月にはRiftにも提供されるとのことです。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, casting, facebook, gear, headset, ios, Oculus, oculusgo, virtualreality, vr, wearables
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents