ネックスピーカー市場にシャープが参戦。約1万5000円で88gのお手頃モデル

絶妙なお手頃ライン

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2018年10月25日, 午後 03:05 in sharp
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
シャープは10月25日、ネックスピーカー「AQUOS サウンドパートナー AN-SS1」を発表しました。発売日は11月17日で、市場想定価格は1万5120円です。
カラーバリエーションはタイトル画像にある3種類。左からブラック、ホワイト、ブルーとなります。なお、下にあるのはBluetooth送信機です。

首にかけることで聴取位置や姿勢に左右されずにサウンドを楽しめ、さらにイヤフォンやヘッドフォンのように周囲の音を遮らないネックスピーカーは、去年発売されたソニーの「SRS-WS1」を皮切りに、一大トレンドとなった製品。今回はシャープもその市場に加わった形です。「AN-SS1」は、約88gの軽量な本体設計と、連続約14時間の長時間再生が特徴。接続したスマホに内蔵されているGoogle アシスタントとSiriの音声コントロールも可能です。

さらに動画視聴時などでの映像に対する音声の遅れを防ぐべく、低遅延コーデック「FastStream」にも対応。付属のBluetoothレシーバーとの間で使用できます。

他社のネックスピーカーと比べてみても、ソニーの「SRS-WS1」が実売価格2万6000円前後で、重さが335g。ボーズの「SoundWear Companion speaker」が実売価格3万4000円前後で、重さが260g。「AN-SS1」は軽量でお手頃なネックスピーカーと言えるでしょう。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: an-ss1, audio, googleassistant, sharp, Sharp AQUOS, siri, speakers
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents