VTuberアプリ「Vカツ」が外部連携サービス発表。他アプリとアバターが共有可能に

スマホとPC間での共有も。VTuberの利用がもっと身近で便利に

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2018年10月25日, 午後 05:05 in vr
0シェア
Engadget
VTuber支援アプリ「Vカツ」を提供するIVR(株式会社シス)が、Vカツ用の外部連携システムとなる「Vカツコネクト」を発表しました。12月末から2019年1月中の提供開始を予定しています。

Vカツは手軽に3Dアバターを作成できるVTuber支援サービスアプリ。顔や体、髪型、衣装など各種パラメーターを調整し、様々なアバターが作成可能。男性や女性、けもみみ、メカキャラなども作成できます。Steam版が8月に、iOS版が10月22日にリリースされました。

Engadget
▲ボディーのパーツや衣装を組み合わせて、好みのアバターを作成できちゃいます


Engadget
▲スマホから手軽にアバターの作成も可能です


今回の発表は、Vカツのプログラム的な外部連携インターフェイスとなる「コネクトAPI」の公開と、専用サーバーの設置に関するもの。

コネクトAPIに対応したアプリと連携させることで、Vカツで作成した3DアバターをVRM形式(3Dモデルのファイル形式)に変換。Vカツコネクトサーバーに置かれたアバターは、コネクトAPIを通してVカツ以外の対応アプリケーション全てで同一のアバターデータを使えるようになります。

さらに配信だけでなく、各種プラットフォームやサービスを利用したコンテンツ制作も可能とのことです。スマホでサクッと作成したアバターを用いて、モーションをトラックキングできるPCの環境で本格的な生配信を実現できるかもしれません。

Engadget

Vカツコネクトは、デバイスを超えたアバターの利用ができることで、個人での利用はもちろん商用利用でとても重宝されそうなツール。こうした取り組みにより今後、ますますVTuber界が盛り上がりそうです。

 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: 3D, anime, iphone, streaming, vkatsu, vkatsuconnect, vr, vtuber
0シェア

Sponsored Contents