「CD 」をワイヤレスで聴く、コンパクトプレーヤーがMakuakeに登場

平成の象徴であるメディアを今こそ楽しもう

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2018年10月26日, 午後 06:00 in CD
0シェア
FacebookTwitter
Engadget

「 Amadana Music CD プレーヤー / C.C.C.D.P.」のプロジェクトがクラウドファンディングMakuakeにて開始されました。1台を25%オフで購入できる、9800円(税込)をはじめ様々なバックを備えたコースをラインアップしています。



C.C.C.D.P.は、USBバスパワーで駆動し、Bluetoothや光デジタル端子、ステレオミニプラグで出力します。USBメモリを接続することで、自動でMP3に変換して書き出すことも可能です。

本体にはスピーカーは内臓していませんが、CDの読み込みに特化したことで、CDジャケットより少し大きめぐらいの幅131×奥行き157×厚さ26.5mmのコンパクトボディーを実現したのでしょう。

Engadget
▲C.C.C.D.P.を手に入れれば、こういったハイソなライフスタイルになるかもしれません。ガジェットは生活を変えます

天然木を使った温かみのあるデザインで、トップパネルがガラスなので回っているCDをレコードプレーヤーのように楽しめるところもポイントです。

過去にインテリア性の高いオーディオ機器「Amadana Music レコードプレイヤー SIBRECO」と「Amadana Music Radio」を手がけた、クリエイティブ総合商社amadanaのプロジェクトです。

AppleMusicやSpotifyなどのサブスクリションサービスが今、音楽の楽しみ方の主流。約30年前の1982年に日本の市場に登場したCD。CDが過去のメディアになりつつ平成が終わる今、「過去の音楽を手に取る時間」を楽しんでもらいたいという思いからプロジェクトを立ち上げたそうです。思い出のCDをつい再生したくなるようなプレーヤーですね。


TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: CD, cloudfunding, makuake, music
0シェア
FacebookTwitter