ポケモンGO、28日正午からダンバル大量発生のコミュニティ・デイ再実施。アメ2倍の大チャンス

ふざけたスペシャルリサーチの数稼ぎも

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2018年10月28日, 午前 08:15 in niantic
0シェア
FacebookTwitter


ポケモンGOで、10月28日正午から3時間は再び「ダンバル」が大量発生します。

今回はハロウィンイベントの期間内(~11月1日)のため、捕獲時にアメが2倍もらえるボーナスも有効。銀の色違い含むダンバルを乱獲して、特別なわざ「コメットパンチ」をおぼえた強ポケモン「メタグロス」を量産する大チャンスです。

さらに、最近解禁されたばかりのシンオウ地方ポケモン確保や、タマゴ孵化距離1/4で課金アイテム「ふかそうち」の大量消費、ハロウィン期間限定スペシャルリサーチに含まれる100匹以上のポケモン捕獲タスクを一気に進めるにも最適なタイミングとなっています。

ダンバルの進化先は、現環境有数の強ポケモン『メタグロス』。

ダンバルが大量発生するコミュニティ・デイは10月21日に実施されたばかりですが、人気ポケモンのためか想定外のアクセスが集中し遊べない障害が発生したことから、急遽再設定されたアンコール実施が今回の28日です。

ダンバル コミュニティ・デイ(再実施)の概要

・10月28日正午から15時まで3時間
・てっきゅうポケモン ダンバル大量発生
・シルバーの色違い個体を含む
・正午から16時までに進化させたメタグロスは、特別なわざ「コメットパンチ」を習得

・タマゴの孵化に必要な距離が1/4
・ルアーモジュールの持続時間が3時間に延長

さらにハロウィンイベントのボーナスが重なるため、

・ポケモン捕獲時のアメが2倍

も有効。特別なメタグロスを手に入れても強化しなければ活躍できないため、アメはいくらあっても足りません。



さらにハロウィンイベントでは、「ふういんポケモン」ミカルゲを追う期間限定のスペシャルリサーチも発生します。

3段階と短いリサーチながら、途中に「きのみを使ってポケモンを108匹捕獲する」など時間がかかるものが多く、コミュニティ・デイに一気に進めるチャンスです。

(期間限定スペシャルリサーチは発生する日時が限られているだけで、ハロウィンイベントが終わってもクリアはできます。)

また最近のシンオウ地方ポケモン追加で、タマゴの中身も更新。たとえば10kmのタマゴからは、低確率でシンオウ地方の新ポケモン「リオル」(ルカリオの進化前)が孵化します。

3時間と短いイベントながら、孵化距離1/4で一気にタマゴを入れ替えるチャンスでもあります。

ポケモンGO、伝説の『ギラティナ』がレイドボスに登場。対策は万全に - Engadget 日本版

ポケモンGO、11月3日はゲンガーの日。新イベント「スペシャルレイドチャレンジ」開催 - Engadget 日本版

ポケモンGO、次はヒノアラシ大量発生。11月10日コミュニティ・デイ開催発表 - Engadget 日本版




 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: niantic, pokemon, Pokemon GO, pokemongo
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents