新MacBook Airの開封動画が続々と公開。本体色に合わせたカラーステッカーが同梱

フラゲ動画に物欲を掻き立てられます

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2018年11月1日, 午後 02:30 in apple
0シェア
unboxing
10月30日のスペシャルイベントで発表された新型Macbook Airですが、早くも海外では、手元に到着した複数のユーザーが、開封動画をYouTubeに公開してます。

アップルは、iPhone Xでもネットで影響力のあるユーザーに新製品を提供し、先行でアンボックス(開封)やハンズオン動画を公開してもらった前例がありました。ただし今回の試みはテック系YouTuberではなく、日常の素直な感動を発信する「Vlog」(Video+Blog)系の方々に焦点を当てたものとなっています。YouTuberのTechMeOut氏の動画では、2018年型Macbook Airのゴールドモデルが紹介されています。ここでは12インチMacBookと同様に、本体色にマッチした色のカラーステッカーが付いていることが確認できます。


ほか同梱物は、USB-C充電ケーブルと30WのUSB-C電源アダプタなど。これらは本体の端子がUSB-C(兼Thunderbolt 3)に一新されたことを反映しています。隠れた注目点は、電源アダプタ。12インチMacbook付属モデルと同じであり、13インチMacBook Pro(2018)の61W版より、体積、出力とも小さなタイプです。


ほか2人のYouTuberも、届いたばかりの新型Macbook Airを開封し「薄い、軽い、キーボードが打ちやすい」など、素直な感想を伝えています。お届け予定日を静かに待つしかない一般ユーザーが煽られてる感もありますが、「一刻も早く欲しくなる」焦りを掻き立てている点では、アップルの戦略は成功しているようです。


アップルはスペシャルイベント直後、複数の参加者にMacBook Airを発送したとのこと。今後、さらにアンボックス動画が続々と公開されていくのかもしれません。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: apple, apple2018October, macbook, MacbookAir, macbookair2018, usb-c
0シェア