テスラのSummon機能が強化。駐車場で降りれば後はお任せで自動駐車、アプリでラジコンのように呼び寄せも

6週間以内にやってきます

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年11月2日, 午前 06:50 in Transportation
0シェア
Tesla
テスラCEOのイーロン・マスクは、テスラ車の自動パーキング機能Summonが、6週間以内にアップグレードされるとツイートしました。このアップグレードにより、テスラのEVは自動的に駐車場内を走行し、自ら空きスペースを見つけて駐車できるようになります。これまでのSummon機能でも、ドライバーが車を降りてから自動的に駐車させることはできましたが、常にドライバーがそばにいる必要がありました。
このAdvenced Summonと呼ばれる機能についてイーロン・マスクは「テスラアプリで呼び出しボタンを押し続ければ、あなたのいる所へ走って来て、ペットのようにあなたの後ろを付いてまわります」と説明し「視界の範囲にいる限り、まるで大きなラジコンカーのように扱えるようになる」と付け加えました。
Advenced Summonが使えるようになれば、テスラオーナーは広大な駐車場に車を駐めるとき、目的の場所に一番近いところで車を降り、あとは自動車任せで自動的に駐車させておけるようになります。また帰りに車に乗るときも、自分のいるところまで、まるでタクシーのように車が自動で走ってきてくれるようになるということです。

この機能は過去2年の間に製造された、AutopilotハードウェアV2+を装着するすべてのテスラ車で6週間以内に有効になります。
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

 

関連キーワード: ElonMusk, gear, Model3, ModelS, ModelX, selfparking, Summon, Tesla, Transportation
0シェア