ガーミン、タフネスGPSウォッチ「Instinct」国内発表。3万2800円で11月15日発売

ガーミン製品としてはお手頃価格です

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年11月3日, 午後 04:00 in wearables
0シェア
FacebookTwitter
Garmin Instinct
老舗GPS機器メーカーのGARMINが、タフネスGPSウォッチ「Instinct(インスティンクト)」を11月15日(木)に日本で発売すると発表しました。価格は3万2800円(税別)。

Instinctは米国では10月に発表されていたモデル。見た目通りの、高いタフネス性能を備えたタイプのGPSウォッチです。


アメリカ国防総省が定めるMIL-STD-810Gの耐熱性、耐衝撃性、耐水性(100m防水)基準をクリアしているだけではなく、測位システムとして、GPS/GLONASS/みちびき/GALILEOの4つに対応しているのも大きな特徴です。
128x128のモノクロ液晶は地図こそ表示できませんが、目的地までの距離や方向を示してのナビゲーションが可能。通ったルートを逆にたどり、スタート地点まで戻れるトラックバック機能も搭載します。

また、スマートフォンと連動し、着信や各種アプリからの通知表示にも対応。歩数やカロリー、睡眠トラッキングなどアクティビティトラッカとしても利用でき、搭載する心拍計では最大酸素摂取量(VO2max)の計測も可能です。

バッテリー持ちはGPSを利用しないスマートウォッチモードでは最長14日間、GPSモードでは最長14時間、GPSの測位回数を減らしたUltraTracモードでは最長で35時間となっています。



Instinctは、GARMINが日本で販売するGPSウォッチとしては従来の半額近い価格も魅力です。好きなアプリをインストールしたり、単体での音楽再生といった機能にこそ対応していませんが、同社は位置情報測位やタフネス面においては定評あるブランド。バッテリー持ちもいいですし、お手頃なGPSウォッチとして人気が出そうなモデルです。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: gadgetry, gadgets, garmin, gear, gps, instinct, smartwatch, wearables
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents