XR
開発者向けに配信されているiOS 12.1.1ベータ2で、iPhone XRに搭載されたHaptic Touch関連の機能が強化されていることが報じられています。

Haptic Touchは、「画面の長押し」に対して振動でフィードバックを返す機能のことです。これまでは使用できるシーンが限られていましたが、今後は活用の幅が広がっていくのかもしれません。iPhone XSやiPhone XS Maxなどに採用された「3D Touch」は、画面を強く押し込む圧力に対して振動により反応を返す方式です。「軽く押し込む」「強く押し込む」という加減により、アプリ起動前にメニューを選んだり、押し込んでる間だけリンクが開くといった使い方があります。

しかしiPhone XRのHaptic Touchは、3D Touchと比べれば対応した操作はごく僅かに過ぎません。現時点で一般に配信されているiOS 12.1では、「ロック画面でフラッシュライト(懐中電灯)を点ける」や「キーボードのスペースキーを長押しして、トラックパッドモードにする」程度です。

米9to5Macによると、iOS 12.1.1ベータ2ではロック画面に表示された通知のうち、リッチコンテンツに関連付けられたものは長押しで表示されるとのこと。その例としてスクリーンタイムなどのアプリ画面が公開されています。
haptic
もっとも「長押し」だけなら他のデバイスでもできそうですが、iPhone 6などHaptic Touch非搭載の過去シリーズでは利用できないとのこと。過去のiPhoneでも例外なく利用できるとありがたみが薄れるためかもしれません。

当初iOS 12.1.1ベータは細かなバグの修正のみと予想されていましたが、iOS 12では削除されていたビデオ通話しながら写真が撮れる「FaceTime Live Photos」が復活したほか、FaceTimeでのUIの大幅な改善が報告されています。

アップルはThe Vergeに「今後時間をかけて、iOS上でHaptic Engineを活用できる機能を増やす」と約束していました。iPhone XRのコストダウンのために3D Touch関連部品が削減され、その代用として採用されたと推測されるHaptic Touchですが、これから潜在力が発揮されていくと期待したいものです。