窓用ロボット掃除機「WINBOT X」。二度拭き機能搭載、発売は11月16日

窓拭きのロボット化すすむ

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2018年11月12日, 午後 12:45 in robot
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
窓用ロボット掃除機「WINBOT X」が11月16日に、家電量販店やオンラインストアにて発売されます。市場想定売価は税別で7万3800円。


WINBOT Xはバッテリー式の窓用掃除機で、吸引ファンで窓ガラスに密着して窓の片面を掃除します。窓のサイズと形状を識別して、インテリジェントで体系的な掃除経路を作成し、効率よく窓をきれいにします。

オートモードのほかに二度拭きモードを搭載しており、一枚の窓を「N字型」と「Z字型」の2つの清掃経路パターンで一回ずつ清掃し、汚れた窓をこれまで以上にきれいに清掃できます。リモコンによる操作にも対応。

落下防止のコード付き吸引カップを備え、吸引カップの空気圧が3.5Kpaを下回るとアラームで報せるほか、本体が落下するおそれのある状況では、コードを吸引カップに引き寄せて落下を防ぐ機能も備えています。

スペックは最長稼働時間は50分、充電時間は2.5時間、サイズは幅245×奥行き245×高さ109mm、重さは1.8kg。年末の大掃除で重宝しそうな窓掃除ロボットですね。






 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: cleaner, robot, robots, winbotx
0シェア
FacebookTwitter