Engadget
LINEは11月12日、家計簿・資産管理サービス「LINE家計簿」の提供を開始されました。 利用方法は「LINE家計簿」アプリ版と、LINEの「ウォレット」タブからアクセスする2通り。

LINE版でできることは、収支の記録と連携した金融サービスの情報確認など。機能をフルで使いこなすのであればアプリをダウンロードしたほうがいいでしょう。
アプリ版では、銀行やクレジットカード、電子マネーなどの金融サービス、各種ポイントサービス、ECサービスと連携。それらの情報を一括して管理して、家計簿を自動作成します。「LINE Pay」での送金や支払い、チャージなどの利用履歴や残高確認も可能です。

現金での収支は手入力はもちろん、レシートを撮影すると品目や金額を読み取り、自動入力します。

毎月の収支をもとにこれから使える残りの金額を自動で計算し、月別の貯金できる金額が表示されます。月末までにその金額が残るよう生活すると、決まった金額が貯金できるようアドバイスする機能も備えています。

毎月の収支をカレンダーや今月の残りがすぐにわかるグラフ、定期レポートによるアドバイスも搭載しています。欲しいガジェットが沢山あって財布が寂しくなってしまうアナタは、このアプリをダウンロードして効率的に資産を運用してみてはいかがでしょうか?