ジョイマン高木になれるVTuberアプリをSHOWROOMが提供開始

どうせなら石原さとみにしてよ〜

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2018年11月13日, 午後 03:30 in app
0シェア
FacebookTwitter
Engadget


SHOWROOMは11月13日、スマホ1台でバーチャルキャラクターになりきってライブ配信ができるiPhone向けアプリ「SHOWROOM V」の提供を開始しました。

用意される全10種類のアバターは配信で自由に使うことができ、自分好みのスタイルでライブ配信を行うことができます。 また、お笑い芸人「ジョイマン」高木さんのアバター「VJ-TAKAGI」も配信に利用できます。

Engadget

▲ジョイマン高木の3Dモデルは完成度が高く、これを利用できるのは他サービスにない"強み"です

アバターは、オープンな3DフォーマットVRMで実装されており、既存のVRM形式アバターをそのまま「SHOWROOM V」に通して「SHOWROOM」の配信で利用できます。

このほか、バーチャルタレントライブ配信アプリ「GooMe」も同日発表されています。増え続けるVTuberアプリに、生配信でのギフティング機能で強みのあるSHOWROOMが本格参入。この市場でどのサービスが覇権を握るのでしょうか。


 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: app, vr, vtuber, youtube
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents