スマートリモコン「Nature Remo」がマイナーチェンジ。1000円値下げで12月初旬に発売

背面がフラットで壁に貼りやすくなりました

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年11月15日, 午後 12:30 in SmartHome
0シェア
Nature Remo
Nature Japanは11月15日、スマートリモコン「Nature Remo」の新モデルを発表しました。発売は12月初旬~中旬の予定です。価格は1万1980円(税別)。従来の1万3000円(税別)から若干安くなりました。
公式サイトでは、本日から数量限定の特別価格、1万980円(同)で予約を受け付けています。

Nature Remoを簡単に説明すると、スマートフォンから操作できる赤外線の学習リモコンといったもの。エアコンやテレビ、照明機器など、赤外線リモコンで操作する機器なら、大抵のモデルは登録・操作が可能です。また、Google HomeやAmazon Echoにも対応しており、音声での操作も行えます。
今回発表された新モデルは、マイナーチェンジ版といったところ。機能自体は従来品と同等です。変更点としては、背面の出っ張りがなくなりフラットに。また、筐体の接合強度アップと、Wi-Fiの安定性向上も図られているとのことです。

なお、これまでセットアップ時にしか利用されていなかったタッチセンサーも省かれ、タッチ不要でセットアップが進められるようになっています。

Nature Remo▲左:従来製品、右:新モデル

また今回の新モデル発表に合わせ、従来製品の割引キャンペーンを開催。公式サイトのほかAmazon、ビックカメラ、ヨドバシカメラでも実施されています。Nature Remoが3020円割引の9980円(税別)、Nature Remo miniが2000円割引の6980円(税別)となります。

Nature Remoは1部屋に1台あると便利な機器です。機能的な差異はないので、この機会に安くなっている従来製品を購入するのもいいかもしれません。

 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: GoogleHome, googlehomemini, HomeAutomation, homeiot, IOT, natureremo, natureremomini, SmartHome
0シェア

Sponsored Contents