Engadget
11月14日、「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」(PUBG)の PlayStation 4版のリリースが発表されました。ダウンロード版は12月7日、パッケージ版1月17日に発売します。これに先立ち、本日からダウンロード版の事前予約が開始されました。コンシューマーゲーム機としては「Xbox ONE」には既に移植版がリリースされており、シューター系タイトルが好きなPS4ユーザーには待望の発表です。

PUBGは、最大100人のプレイヤーがマップ内にある装備などを駆使して最後の1人になるまで生き抜くバトルロイヤルゲーム。PC版、Xbox版、モバイル版を合わせると、全世界累計プレイヤー数が4億人を突破しています。

ダウンロード版は3種類あり価格はそれぞれ「チャレンジャーズ・エディション」が3300円(税込)、「サバイバーズ・エディション」が5500円(税込)、「チャンピオンズ・エディション」が6600円(税込)。パッケージ版は3300円(税込)です。

ダウンロード版の全てのエディションには「アンチャーテッド」シリーズに登場する主人公ネイサン・ドレイクの衣装と、「The Last of Us」のヒロイン役エリーのバッグなどの限定アイテムが特典として付属します。

サバイバーズ・エディションとチャンピオンズ・エディションには、マップ「Vikendi」へのプレミアムイベントパス「Survivor Pass:Vikendi」とコスチュームアイテムや追加機能を購入できる「Battle Point」と「G-Coin」が付属します。