LINE Payが大阪市の税金支払いに対応、12月14日から

いちいちコンビニ支払いに行かなくていいから楽チン

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2018年11月15日, 午後 07:30 in line
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
「LINE Pay 請求書支払い」が12月14日から、大阪市の税金の支払に対応します。

LINE Payはライン上で展開するモバイル送金・決済サービスです。このLINE Pay 請求書支払いは、公共料金や通信販売などの請求書上に印字されたバーコードをスマートフォンで読み込むことで、LINE Payで支払いができるというサービス。LINE Pay 請求書支払いで支払い可能になる大阪市の税金は以下の通りです。
  • 個人市・府民税(普通徴収)
  • 個人市・府民税(特別徴収)
  • 固定資産税・都市計画税(土地・家屋)
  • 固定資産税(償却資産)
  • 軽自動車税
  • 法人市民税
  • 事業所税
  • 市たばこ税
  • 入湯税

自治体が税金の支払いにLINE Payを活用する事例は、つい先日となる11月14日に神奈川県が発表するなど、増加の兆しを見せつつあるところ。大阪市は12月14日からと、神奈川県が実際に開始となる2019年1月に先んじた格好となります。



 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, government, ios, line, linepay, mobile, MobilePayments, payment, payments, smartphone
0シェア
FacebookTwitter