新型SoC「Snapdragon 8150」らしきベンチスコアが再度浮上。iPhone XS以上の性能か

公式発表も近そうですね

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2018年11月18日, 午後 06:05 in benchmark
0シェア
FacebookTwitter
Snapdragon 8150

米クアルコムの新型プロセッサ「Snapdragon 8150」らしきベンチマークスコアが、AnTuTuの結果報告サイトに登場しています。以前に登場したスコアからは大幅なスコアアップが確認でき、製品登場が近いことをうかわせます。中国語SNSのWeiboにAnTuTu公式が掲載した今回のスコアは、「msmnile for arm64」というデバイス名で登録されています。まず注目したいのは、362292ポイントというスコア。現行プロセッサ「Snapdragon 845」を搭載したAndroidスマートフォンの中でも高性能な「ROG Phone」の297078ポイントを、大幅に上回っています。

さらに、他社プロセッサを見回しても、中国ファーウェイの「Kirin 980」を搭載したスマートフォン「Mate 20 Pro」の309628ポイントに大きな差をつけています。そして、「A12 Bionic」を搭載した「iPhone XS」の352405ポイントをも若干上回っているのです。

現時点では、Snapdragon 8150のアーキテクチャは発表されていません。しかし今回のベンチスコアと共に掲載された情報では、大中小コアによる3クラスタ構成となり、それぞれのCPUコアは2.84GHz/2.4GHz/1.78GHzで駆動。GPUはAdreno 640を搭載し、Adreno 630を搭載の前世代チップセットSnapdragon 845との比較で20%の性能向上を成し遂げているとしています。

Snapdragon 8150はすでにBluetooth SIGの認証や、「Galaxy S9」のファームウェアにも登場しています。また下位モデルとなるであろう「Snapdragon 6150/7150」もGitHubにて確認されており、前モデルの発表から1年が経過しようとしていることから、そろそろ発表も近そうです。

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: benchmark, snapdragon
0シェア
FacebookTwitter