UQ mobile、3万円台のスマホ2機種を22日発売――「R17 Neo」と「AQUOS sense2」

コスパ高めな2機種です

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2018年11月19日, 午後 12:40 in mobile
0シェア
FacebookTwitter
UQモバイル新モデル
UQ mobileは、Androidスマートフォン「OPPO R17 Neo」と「SHARP AQUOS sense2」を11月22日に発売します。両機種とも税込3万円台半ばながら、一通りの機能を備えたスタンダードモデルとなっています。

R17 Neoは「画面内指紋センサー」搭載

中国OPPO製の「OPPO R17 Neo」は、国内初となる「画面内指紋センサー」搭載のAndroidスマートフォン。ディスプレイの裏側に指紋を読み取る機構を備えることで、画面領域を大きく確保しつつ、使い勝手も担保しました。

ブルーとレッドの2色が提供されます。価格は3万8988円(税込、以下同)。料金からの2年間割引する「マンスリー割」を差し引いた実質負担額は2万6028円となっています。

UQモバイル新モデル
UQ新モデル

大画面IGZO搭載の「AQUOS sense2」

シャープ製の「AQUOS sense2」は、前モデルより大きな5.5インチのIGZOディスプレイを装備。防水防塵におサイフケータイにもしっかり対応し、普段使いに十分な機能を備えたスタンダードモデルです。

カラーはシルキーホワイト、ピンクゴールド、ニュアンスブラックをラインナップ。価格は3万6396円で、実質負担額は2万6028円となります。

UQモバイル新モデル
UQモバイル新モデル
▲大画面化しながらも、消費電力の削減も果たしています。

両機種とも3万円台前半ながら、スマホに求める機能のほとんどをカバーしており、コストパフォーマンス高めな2機種と言えます。特にR17 Neoの画面内指紋センサーは認証に若干のラグはあるものの画期的な機能です。実際に試して使い勝手を確かめてから購入をおすすめします。



 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Android, AQUOS, AQUOS sense2, mobile, OPPO, OPPO R17 Neo, SHARP, Smartphone, UQ mobile
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents