「Galaxy Note9」にホワイトモデル。12月上旬に台湾で発売

Sペンも白くなっています

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年11月25日, 午前 09:15 in mobile
0シェア
FacebookTwitter
Galaxy Note9 WhiteSamsungは11月23日、Galaxy Note9の5つ目のカラーバリエーションとなるホワイトモデル「初雪白」を台湾で発表しました。

Galaxy Note9には、本体カラーに合わせたSペンが付属していますが、ホワイトモデルにも白いSペンが付属します。これからのクリスマスシーズンに似合いそうなカラーです。カラー以外は通常のGalaxy Note9と変わらず、価格は128GBモデルが30900ニュー台湾ドル(約11万3000円)。12月上旬にSamsungの正規取扱店などで発売されます。

Galaxy Note9 White

日本でも人気が出そうなカラーですが、いまのところ台湾以外での発売については情報がありません。

Samsungが販促のためにカラーバリエーションを追加するのはよくあることですが、ホワイトモデルを後から追加するのは珍しいこと。また、最近のGalaxy SシリーズやNoteシリーズはブラックやブルー、パープルなど、やや渋みのある落ち着いた色調が多く、ホワイト自体をラインナップしていませんでした。

なお、Noteシリーズのホワイトモデルとしては、Note5以来。ただ、Galaxy Note8では、平昌冬季オリンピック限定エディションとして白ベースのモデルがリリースされていました。


 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, Galaxy, galaxynote9, mobile, Samsung, snowwhite, white
0シェア
FacebookTwitter