OPPOが新スマホ「R17 Pro」 画面内指紋センサ・機械絞りカメラ搭載

11月26日発売

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年11月26日, 午後 01:01 in R17 Pro
0シェア
FacebookTwitter
engadget
OPPOが新SIMフリースマホ「R17 Pro」を11月26日に発売します。ディスプレイ内指紋認証や6GB RAM、デュアルカメラなどの充実仕様が特徴。価格は税別6万9880円です。

画面内指紋認証、機械絞りのカメラ

R17 Proは、6.4インチ有機ELディスプレイを搭載したスマートフォンです。ノッチは省スペースな水滴型となっており、画面占有率は91.5%に達します。

最大の特徴は、OPPOの誇る先進仕様の採用です。ディスプレイ内指紋センサーのほか、10分で40%充電できる急速充電「Super VOOCフラッシュチャージ」にも対応。この急速充電はバッテリー2つの直列接続で実現しており、電圧が分散されることで、充電時の発熱も低減しています。

1200万画素・2000万画素の背面デュアルカメラは、F1.5 / 2.4の2段階で切り替える機械絞りを搭載。明るいシーンでは光を絞り、逆に暗いシーンでは多くの光を取り込むことで、どんなシーンの写真撮影でも対応できるとアピールします。

夜景への対応も売りで、複数枚写真の合成で鮮明な夜景を撮影できる「ウルトラナイトモード」に対応。また、赤外線投射を利用して、ARなど比較的長距離の3D情報の取得できる「TOF」(Time of Flight)機能にもソフトウェアアップデートで対応します。インカメラは2500万画素で、AIを活用した自然な美顔補正も利用できます。

engadget
▲背面カメラは左から赤外線測距センサー(TOF)、機械絞り搭載のメインカメラ、ぼかし用カメラ

背面は、ガラス素材でありながら指紋の付着が気にならない磨りガラス風の仕上げを採用。(Xperia旧モデルの磨りガラスをきめ細かくした感じ) また、コーニング最新のゴリラガラス6で耐久性を高めています。光の当たり方に応じて色合いが変わるミストグラデーションカラーも印象的です。

おもな仕様は、Snapdragon 710プロセッサ、6GB RAM、128GBストレージなど。バッテリー容量は3700mAh(1850mAh x 2)、FeliCaには非対応です。

本体サイズは157 x 74.6 x 7.9mm、重量は183g、カラーはミストグラデーション・エメラルドグリーンの2色展開です。

engadget
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: mobile, oppo, oppor17pro, R17 Pro, smartphone
0シェア
FacebookTwitter