ドン・キホーテ 4K/HDR対応テレビ第5弾を発表。43/50/58V型をラインナップ、3万9800円から

43V型は1人暮らしにも良さそうなサイズ

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年11月26日, 午後 05:30 in av
0シェア
FacebookTwitter
don quijote 4K TV
ドン・キホーテが、プライベートブランド 情熱価格 PLUSで、4K/HDR対応の新商品「ULTRAHD TV 4K液晶テレビ(43V型/50V型/58V型)」を発売しました。43V型は3万9800円(税別・以下同じ)で11月26日発売、50V型と58V型はそれぞれ4万9800円と5万9800円で12月18日発売です。

2017年6月に発売された、ドン・キホーテの4K/50V型テレビは3000台が1週間で完売するなどし、大きな話題となりました。その後、HDR10対応のスペックアップやサイズのラインナップが拡充され、2018年10月までに累計販売台数が3万台を超える大ヒット商品になっているとのことです。


第5弾となる新モデルは、ラインナップが従来の50V型/55V型/60V型から、43V型/50V型/58V型に一新。43V型ではHDMI入力端子が従来の3つから4つに増えたほか、58V型は前面スピーカーを採用し、リビング向けの機種となっています。

主な共通仕様としては、解像度は3840×2160ドット、直下型LEDバックライト。スピーカー出力は10W×2。入力端子は地上デジタル/ BS・CS各×1、HDMI×3(43V型のみ×4)、RCA、ヘッドホン、光デジタル、LAN。USBは録画専用で43V型のみ2つ(USB 2.0×1、USB 3.0×1)で、ほかは1つ。

いずれの機種もダブルチューナーを搭載。別売りのUSBハードディスクに録画しながら、別の番組を視聴も可能です。

ドンキの格安テレビはこれまで大型モデルばかりでしたが、あらたに43V型と比較的小型なモデルが追加されたのはうれしい人も多いかもしれません。

なお、ドン・キホーテの格安テレビは東芝製メインボードを搭載し「ジェネリックREGZA」としても話題を集めていましたが、第5世代のメインボードメーカーは公開されていません(実際は第2世代から非公開)。

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: 4k, 4kTv, av, Don Quijote, donki, hdr, hdr10
0シェア
FacebookTwitter