塩水とマグネシウムで発電する「マグネ充電器」発売。スマホを約10回充電可能

非常用持出袋に入れておきたい製品

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年11月27日, 午後 04:30 in gadgetry
0シェア
FacebookTwitter
mgcg
家庭用電気製品を取り扱うSTAYERホールディングスが、塩水で発電可能なLEDランタン兼充電器「マグネ充電器」を11月27日に発売します。正規販売店での価格は1万1500円(税込)。

STAYERは以前から、塩水とマグネシウムを利用して発電するLEDランタンを販売しており、同種のものは他社からも出ていました。それらの製品でもUSB機器の充電は可能でしたが、出力が低く、スマートフォンの充電を行うことはできませんでした。

その点、マグネ充電器は4.5V~5.4V/200~500mAの出力を確保しており、スマートフォンの充電にも使えます(高い電圧・電流を要求するものは充電できない可能性もあります)。

LEDランタンとしての性能は、前照灯(懐中電灯モード) 強130lm、弱70lm、周囲灯(ランタンモード) 100lm。

4本のマグネシウム棒が付属しており、発電量は1本あたり35Wh、4本で計140Wh。2500mAhのスマートフォンを1回フル充電し、LEDランタンとして8時間使用。これを6日間、つまりスマートフォンを6回フル充電し、48時間LEDの点灯が可能とのこと。スマートフォンの充電だけであれば約10回、LEDランタンとしてだけなら96時間以上利用できるとしています(いずれもマグネシウム棒を4本使用した場合)。

なお、発電にはマグネシウム棒のほか、付属の塩(1回あたり30g)と水を使用しますが、水が確保できない場合は海水や川水、尿などでも発電可能です。

わざわざ塩水とマグネシウムを使って発電しなくても、一般的なモバイルバッテリーや乾電池でも良さそうな気はしますが、この方式のメリットは長期保管にあります。リチウムイオンを使ったモバイルバッテリーや乾電池は、自然放電してしまいいざというときに使えない恐れもありますが、マグネ充電器は通常の保存状態であれば10年以上の保存が可能とのこと。

日常的に使う製品ではありませんが、非常用持出袋に入れておくと、いざというときに安心できるほか、キャンプなどのアウトドアでも活躍してくれるかもしれません。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: charger, disaster, gadgetry, Gadgets, LED, magnesium, mobile
0シェア
FacebookTwitter