line ch image
LINEは、声で家電や家の機器などを操作できるホームIoTサービス「Clova Home」の連携メーカーや対応機器を拡大すると発表しました。同サービスは、同社のスマートスピーカーClovaシリーズと連携し、音声やスマホアプリ上の操作で各種家電機器を操作可能にするもの。

従来の対応機種はフィリップスのスマート電球「Hue」や、イッツ・コミュニケーションズ製の照明機器やエアコン、テレビ、扇風機の一部でしたが、11月29日にシャープ製の空気清浄機や洗濯機とエアコンが、12月20日には東芝映像ソリューション製テレビ「4Kレグザ」が加わります。Clova Homeは、2018年4月9日に提供開始されたホームIoTサービスです。基本的な仕組みとしては、提携サービス企業のインターネットサーバーを経由して、自宅に設置された対応製品をコントロールするための機器「ゲートウェイ」(または「ブリッジ」)に接続。

Clovaに指示した内容はサーバーとゲートウェイを介し、対応する家電やAV製品に赤外線やBluetooth、Wi-Fi経由で割り振られ、音声コマンドに応じた操作が可能となる......というシステムです。

Clova Hue Control
対応製品の第一弾となったフィリップスのスマート照明「Hue」との組み合わせでは上表のように、照明のオン/オフ操作にはじまり、明るさや色の変更、さらに「くつろぐときの色」「読書するときの色」といったシーンを示すコマンドにも対応するなど、細かな操作も可能でした。

今回追加が発表された対応機器は、Meross製のスマートプラグと照明機器(11月27日に既対応)に加え、11月29日に対応となったシャープ製の空気清浄機、洗濯機、エアコンの一部。

さらに11月30日にはイッツ・コミュニケーションズ製のセットトップボックスと開閉センサー、スマートロックが加わり、12月20日には東芝映像ソリューション製の4Kテレビ「レグザ」が対応予定です。

Clova Sharp Control

機能としては、例えばシャープ製のエアコンでは、運転のオン/オフや運転モード(送風/冷房/暖房など)の変更、温度や風量の設定、設置された部屋の温度、湿度確認などが可能です。

Clova Sharp Control

また洗濯機では、天気予報や季節、洗濯履歴に応じた選択方法のアドバイスや、洗濯終了までの残り時刻の通知などに対応します。また音声コマンドにより直接的に操作をするだけでなく、音声ガイドと対話をしながらの操作も可能です。

なお、セットアップ方法や操作方法は各メーカーや製品ごとに異なるので、詳しい内容は各メーカーやLINEの公式サイトをご確認ください。