ポケモンGOが12月のフィールドリサーチ大発見リワードを発表しました。

日本時間で12月2日朝以降、これまで人気だったフィールドリサーチのタスクが復刻するほか、大発見では伝説のポケモンであるサンダー・ファイヤー・フリーザー、そしてライコウ・エンテイ・スイクンのいずれかが出現します。



伝説の三鳥ことフリーザー(#144)・サンダー(#145)・ファイヤー(#146)、いわゆる三犬(三聖獣)ことライコウ(#243)・エンテイ(#244)・スイクン(#245)は、以前にもフィールドリサーチの大発見報酬や、短時間だけレイドボスが一色に染まる『フリーザー・デイ』『ファイヤー・デイ』『サンダー・デイ』イベントで出現して2018年を飾ってきました。

12月は前月の「ぬけがらポケモン」ヌケニンからうって変わって、これぞ伝説という派手なポケモンが揃い踏みアンコール出現です。ただし選べるわけではないので、色違いや強個体のフリーザー来い!と思っても全部スイクンになる可能性もあるかもしれません。実際に完全にランダムか、何らかの仕掛けがあるのかは実装されてからのお楽しみ。

ヌケニン大発見はどうする?




一方、11月のフィールドリサーチ大発見報酬であるヌケニンは、切り替わり前にスタンプが揃えば駆け込みでゲットできます。

ヌケニン(#292)は「無生物であるセミの抜け殻に何者かの魂が宿った。ゆえに呼吸もせず体も動かさず浮遊移動する。背中の裂け目を除くと魂を奪われるらしい」という不気味な設定で、非常に珍しい「むし/ゴースト」タイプ。

ポケモン本編のバトルでは特殊なギミックを備えていましたが、ポケモンGOではシステム的な違いから、少なくとも現時点では再現していません。

いまのところメタ的な意味で特に活躍するバトル相手もなく、進化もしないため、ヌケニンを複数体集めるよりも、敢えてフィールドリサーチタスクのクリアを調整して、12月の伝説ガチャにかける手もあります。



しかし一方で、ヌケニンは目下の問題ポケモン『ツチニン』と(便宜上)同じ種族で、アメが共通です。

ツチニンは現状では「むしタイプを5匹捕獲する」という珍しいフィールドリサーチタスクのクリア報酬以外で出現報告がないポケモン。

ひたすらポケストップを訪ねてフィールドリサーチタスクを探し歩く以外に発見する方法がなく、そもそも存在を知らなければ目指して努力もできないという意味で、分かりやすい告知や方法が用意されている伝説やまぼろしのポケモンより入手困難です。

ポケモンGO、幻よりレアな「ツチニン」の採りかた。期間限定タスクの取り忘れ注意

しかもこのツチニンは、セミの成虫+忍者がモチーフのテッカニンにアメ50個で進化します。

運良くツチニンのタスクを見つけて何度も捕らえたりでもしないかぎり、テッカニンに進化するアメを手に入れるためのヌケニンゲットもありかもしれません。(相棒にして気長に歩く、レイドに励んでふしぎなアメを使う、も選択肢です)

シンオウのいしガチャのほうが重要?


ここまでは「フィールドリサーチ大発見を敢えて保留してでも12月の三鳥+三犬伝説6種ガチャの試行回数を増やすか、ヌケニン+テッカニンのアメにすべきか」でしたが、フィールドリサーチの大発見ではポケモン以外に、希少な新規アイテム「シンオウのいし」が手に入るチャンスもあります。

シンオウのいしは新しい進化形ポケモン11種(11月時点)への進化に必須でありながら、フィールドリサーチ大発見報酬でひとつしかドロップしない進化アイテム。

7日にひとつしか獲得できないのに、確定報酬から「出ることも出ないこともある」確率ドロップという阿鼻叫喚の仕様変更がされたばかりです。

ポケモンGO、希少アイテム『シンオウのいし』が出ないのは仕様変更。確定報酬から確率へ

ヌケニンも散々集めた伝説の鳥も三聖獣もどうでもいい、シンオウのいしガチャを回す回数を少しでも増やすため、一日もフィールドリサーチタスクのスタンプを欠かさない、のも考え方です。

(シンオウのいしは別の入手方法も用意される見込みですが、まだどのような方法なのか、どの程度の確率なのかは分かっていません。あっさり余るようになるか、超希少なままかは運営のさじ加減ひとつ。)

過去のフィールドリサーチタスクが復刻

12月のフィールドリサーチでは大発見で過去の伝説のポケモンがアンコール出現するほか、以前の「ポピュラーな」フィールドリサーチタスクが復刻します。

具体的にどのリサーチタスクが出るようになるのかはまだ分かりませんが、レアなポケモンが報酬の期間限定フィールドリサーチタスクが含まれる可能性もあります。

12月2日以降、ピンとこないフィールドリサーチタスクを引いたら念のためクリアして、どのポケモンと遭遇するか試してみる価値はありそうです。懸案のツチニンタスクが11月で終わるか、12月にも復刻枠扱いでしれっと出続けるかはまだ分かりません。