Bose「聴くARサングラス」ことFramesを199ドルで発売。2019年1月より

周辺情報がわかります

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2018年12月5日, 午前 11:19 in Wearables
0シェア
FacebookTwitter
Bose AR Glass

米Boseは「聴くARサングラス」こと「Frames」を、2019年1月より199ドル(約2万2000円)で発売すると発表しました。また製品の仮予約も米国時間の12月4日から始まります。

Framesは今年3月に米オースティンにて開催されたテクノロジーと音楽の祭典「SXSW(サウス・バイ・サウスウェスト)」で発表された、ウェアラブルデバイスです。一般的なARグラスとは異なり製品にディスプレイは搭載されず、音とセンサー情報を組み合わせてユーザーに周辺情報を届けるのが特徴です。

再生される周辺情報としては、観光ガイドや道案内、看板の翻訳などが想定されています。なお製品はイヤホンを利用せず、メガネのつる部分に組み込まれたスピーカーからサウンドを再生。そして操作には音声コマンドや、頷く・首を振るなどのジェスチャ、本体のタップが利用できます。

もちろんスマートグラスらしく、音楽を聞いたり通話を受けたり、音声アシスタントを利用することも可能です。連続音楽再生時間は3.5時間とされています。

なお、Framesはサングラスのガラス部分が四角形の「Alto」と、円形の「Rondo」の2バリエーションが用意されています。またFrames用のARアプリは2019年のいずれかの時期に配布され、ARプラットフォームの詳細は来年3月に開催されるSXSWにて明かされる予定です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: ar, bose, Frames, SmartGlass, Wearables
0シェア
FacebookTwitter