スマート家電コントローラー「RS-WFIREX3」、SiriショートカットやヘイSiriで操作可能に

Google Pixel 3にも対応

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2018年12月4日, 午後 04:30 in IOT
0シェア
FacebookTwitter
RS-WFIREX3 update

ラトックシステムは、スマート家電コントローラー「RS-WFIREX3」がSiriショートカットによる音声操作に対応したと発表しました。iOS用アプリをアップデートすることで、iPhoneやiPadに「ヘイSiri」と話すと、家電の操作が可能になります。


スマート家電コントローラー「RS-WFIREX3」は、スマホに専用アプリをインストールし、初期設定さえすれば、スマホを赤外線リモコンに対応した家電製品やAV機器製品などのリモコンがわりとして使うことが可能。タイマーをセットして指定時刻になると機器を動作するようにできる機能や、Androidスマホに向かって「OK Google、冷房を24℃に設定して」などと、声で呼びかけて家電を操作することも可能です。別途、設定すれば「Google Home」や「Amazon Alexa」などのスマートスピーカーから操作できます。

今回、iOS(ヘイSiri)に対応したことで、さらに多くのユーザーが声で利用できることになります。

RS-WFIREX3 for iOS use image

iPhone・iPad向けの最新OS(iOS 12)で追加された新機能「Siriショートカット」を使うことで、複数の家電を操作したり、ほかのサービスを組み合わせて、よく使うアクションをワンフレーズで実行できます。今回のアップデートでは、全てのリモコンボタンが指定可能で、事前に家電リモコンアプリ上でタップをしたボタンが選択可能。ショートカットは音声だけでなく、ホーム画面やウィジェットへの表示にも対応。声での操作がしにくい場面でも簡単に使えるようになります。

ラトックシステムは、今後も継続して新しい環境への対応や機能の提供をしていきたいとしています。


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, android9pie, controller, ios, ios12, IOT, ipad, iphone, pixel3, pixel3xl, RS-WFIREX3, siri, smartspeaker
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents