白いPloom TECHに速くも限定デザインバッテリーが。12月10日に10種類で発売

5つの都市をモチーフにデザイン

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2018年12月6日, 午後 09:30 in PloomTECH
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
JTは加熱式たばこ「Ploom TECH」(プルーム・テック)の白色モデルをベースにした、限定デザインバッテリーを発表しました。発売日は12月10日で、希望小売価格は税込みで1500円です。

Ploom TECHは低温加熱方式のたばこ用デバイスで、専用のたばこカプセルとカートリッジをバッテリーにセットして使用できます。今回はこのバッテリー部分の限定デザインモデルです。

今回の限定デザインは、黒色バージョンが7月に発売された「CROSS THE BORDER」シリーズの白色ベース版という位置づけ。デザインバリエーションは計10種類となります。白色バージョンは本体自体が10月に発売されたばかりなので、短期間での限定デザインバッテリー投入となります。

CROSS THE BORDERシリーズは「国境を越える」をテーマに、アムステルダム(オランダ)、ベルリン(ドイツ)、コペンハーゲン(デンマーク)、ソウル(韓国)の5つの都市をモチーフしたデザイン。大胆な柄で表現された「CTB-BOLD EDITION」5種類と、 シンプルなラインで構成された「CTB2-DETAIL EDITION」5種類をラインアップしています。

Engadget
▲CTB-AW<BOLD EDITION>

例えばこれは、オランダのアムステルダムをモチーフとしたデザイン。バイカラーの曲線で街の景色を描いています。

Engadget
▲CTB2-BW<DETAIL EDITION>

対してこちらはドイツのベルリンをモチーフとしたデザイン。 メッシュパターンで多様性と独自性が織りなす新たな姿を描いています。

下記の店舗では発売日から購入可能です。
・全国のPloom Shop(18店舗)
・東京都内の一部Ploomコラボショップ(3店舗)
・Rethink Lounge各店(2店舗)
・MOVE LOUNGE各店(4店舗)
・Ploomオンラインショップ(全国)

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: cigarette, cigarettes, electric cigarette, electric tobacco, electriccigarette, electrictobacco, gadgetry, Gadgets, Ploom TECH, PloomTECH, tobacco
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents