「iPhone XR」純正クリアケースレビュー、分厚く固く守ります

脱着しずらいです

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2018年12月10日, 午後 04:00 in apple
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
12月6日からApple Storeにて、4500円(税別)で販売開始された「iPhone XRクリアケース」。編集部にもケースが届きましたのでインプレッションをお届けします。

「iPhone XR」自体は10月26日発売でしたが同タイミングでの純正クリアケースは登場しませんでした。6色のカラバリが大きな特長であるiPhone XRを楽しむにはクリアケースは必須。サードパーティ製の製品も既に発売されていましたが、純正ケースを待ちわびていた人は多かったことでしょう。


Engadget
▲こちらがパッケージ。裏にあるシールをペリペリと剥がして、ケースを取り出します

製品サイトによると、ポリカーボネートとTPUを組み合わせて設計されているとのこと。硬めなので脱着はしづらかったです。しかし、ケースは1度装着すると取り外すことはほとんどありません。「外しにくいケース」ほど信頼できるともいえます。この極限までのぴったり感は純正ケースならではの完成度でしょう。

装着すると明らかに持ち手は分厚くなり、片手で持つには少し厳しかったです。ストラップ穴はないので、片手でグリップする自信がない方はバンカーリングを背面に装着するのもいいでしょう。


Engadget
▲全体的に厚めで剛性がしっかりしています。編集部計測での重さは24gでした
Engadget
▲カメラ周辺部に空いた穴の縁にはわずかに出っ張りがあります。これにより、カメラを下にしてテーブルに置いてもレンズが傷つくのを防げるでしょう

Engadget
▲ボタン分部もピッタリとフィット。装着前と比較するとボタンは明らかに固いです

Engadget▲ケースを装着した状態でもQi充電器に反応しました

また、気になるのがケースと保護ガラスなどの干渉問題。ディスプレーに対して、ガラスまっすぐに装着したところ、気になる不具合は起きませんでした。しかし、ベゼルのぎりぎりまでカバーするガラスやフィルター等はケースに干渉してしまうかもしれません。

Engadget
▲Deffのバンパーガラスで試してみました。ケースを両サイドから握っても装着したガラスが浮き出たり、ケース背面部分に気泡が出てきたりといった不具合はありませんでした

背面ボディカラーの魅力を損なわずに、がっちりと保護してくれるぶ厚めの純正ケースはiPhone XRと合わせてカートに入れたいアクセサリですね。


 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: apple, iphone, iphonexr, mobile, smartphone
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents