engadget
2018年のふたご座流星群が14日夜にピークを迎えます。

国立天文台によると、12月14日21時頃に極大期を迎えるとのこと。また、13日・14日の夜は特に多くの流星を見ることができ、最も多いときで1時間あたり40個程度が想定されます。

望遠鏡や双眼鏡を使うと視野が狭くなるため、肉眼での観測が適しているとのこと。人工の光が少ない、大都市からなるべく離れた暗い場所で観察するといいでしょう。また寒い時期であるため、防寒にもしっかり気を配る必要があります。

ふたご座流星群は、ふたご座α星(カストル)付近を放射点として、毎年12月中旬頃に出現する流星群です。1月のしぶんぎ座流星群・8月のペルセウス座流星群とともに「三大流星群」と言われています。

engadget

なお国立天文台は12月12日の夜から15日朝までの期間中「ふたご座流星群を眺めよう 2018キャンペーン」を実施。この間に夜空を観測した際に、流星がいくつ見えたかを、特設サイトから国立天文台に報告できるようになっています。

なお、「星空カメラ」など、スマホカメラでも手軽に星空を撮れるアプリが複数登場しています。流星を撮影できるかはわかりませんが、観察中に試してみると楽しそうです。