PayPay
PayPayは、12月4日より実施していた「100億円あげちゃうキャンペーン」を、12月13日23時59分で打ち切ると発表しました。

本来のキャンペーン期限は2019年3月31日となっていましたが、「キャンペーンの還元額が100億円に達した時点で終了」と案内されていました。わずか10日間で100億円のキャンペーン原資を使い切ったことになります。

キャンペーン終了後の還元率は、通常レートの0.5%となります。

PayPay

"100億円"が使えるようになるのは来年1月

「100億円キャンペーン」は、PayPayで決済したユーザー全員に20%を還元するほか、抽選で全額還元となるという内容。ビックカメラやヤマダ電機といった家電量販店が対象となっていたこともあり、SNS上では高額商品の購入報告や高額還元の当選報告が相次ぐ「プチバブル」状態となっていました。

今回のキャンペーンで出資された100億円の還元がユーザーに付与される(使えるようになる)のは、来年2019年1月10日。キャッシュバックは「PayPay残高」として付与されることになっています。

PayPay残高の口座出金機能は12月13日時点では提供されていません。キャンペーンの還元は、PayPay支払いで消費されることになります。

これはつまり、100億円が"PayPay経済圏"に一斉に投下されることを意味します。キャンペーン終了後、来年1月10日までの期間、PayPayは中小店舗向けの加盟店開拓を加速させることになるでしょう。

PayPay