HD pet cameraパナソニックは同社の「HDペットカメラ(KX-HDN205-K)」が2019年1月17日にGoogleアシスタント対応することを発表しました。

今回の連携により、同じ宅内ネットワークに接続された「Google Home」などのスマートスピーカーを通し、音声操作で温度の確認やプライバシーモードのON/OFF、モードの変更といったカメラ操作が可能となります。また、Chromecastを接続したテレビにカメラの映像を映し出すことも可能です。

Panasonic HD Pet Camera

たとえば、「OK Google、ペットカメラの温度を教えて」と話しかければ部屋の温度を確認できるため、室内がペットに適した温度かどうかを確認する事ができます。「OK Google、ペットカメラを表示して」と話しかけると、手がふさがっているときでも、ペットの様子をテレビで確認可能です。

ちなみにHDペットカメラは、本体に搭載された200万画素フルHDのカメラが上下左右に動くことで広範囲を見渡せるネットワーク対応カメラです。家電量販店価格は2万5790円(税込)。

スマートフォンから操作して、ペットの様子が確認できるほか、動作検知センサーと赤外線センサーにより、ペットの動きを自動検知して追尾する機能も備えています。撮影した動画ファイルは、おうちクラウドDIGAやスマホなどとの共有も可能です。