OnePlus 6T McLaren Edition

中国OnePlusは、カーブランドのマクラーレンとコラボレーションした新型スマートフォン「OnePlus 6T McLaren Edition」を発表しました。外観のカスタムだけでなく、内部スペックも底上げされた端末に仕上がっています。

OnePlus 6T McLaren Editionでは、本体外周がマクラーレンを象徴するオレンジのグラデーションカラーであやどられています。さらにバックパネルにもカーボンファイバー調のパターンを施し、背面下部にはマクラーレンのロゴが入るなど、ファンにはたまらない仕様です。

本体スペックとしては、プロセッサがSnapdragon 845でストレージが265GBなのは「OnePlus 6T」のトップエンドモデルと変わらず。しかしRAM容量が10GBにまで増量されている点は、OnePlus 6Tからのスペックアップポイントです。

さらに、「Warp Chage 30」と呼ばれる充電機能も搭載。わずか20分で、端末を50%まで急速充電することができます。これも、有線接続での急速充電にこだわる、OnePlusらしい機能といえるでしょう。

OnePlus 6T McLaren Edition

コラボレーションモデルらしく、特製充電ケーブルやACアダプタ、冊子にアクリル製の盾など、付属品も豊富。また端末起動時にはオリジナルアニメーションが流れ、ディスプレイ指紋認証機能のアニメーションやLive壁紙も、マクラーレン仕様にカスタムされています。

なお、OnePlus 6T McLaren Editionは699ドル(約7万9000円)にて、OnePlusの公式サイトにてすでに販売が開始されています。