ファーウェイのパンチホールスマホ「Nova 4」は4800万画素カメラ搭載

まさに、全部入り

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2018年12月18日, 午前 11:45 in smartphone
0シェア
FacebookTwitter
Huawei Nova 4

中国ファーウェイは新型スマートフォン「Nova 4」を発表しました。ディスプレイ上にカメラを内蔵した「パンチホール」機構が特徴のミッドレンジ向け端末となっています。

Nova 4は6.4インチ/FHD+解像度のほぼベゼルレスなディスプレイを搭載し、その左上には2500万画素カメラを内蔵しています。さらに、上位モデルでは本体背面に4800万画素カメラを含むトリプルカメラを搭載しているのも特徴。なお、下位モデルでは2000万画素のメインカメラが採用されています。

搭載プロセッサは1世代前のKirin 970で、RAM容量は8GBの内蔵ストレージは128GB。バッテリー容量は3750mAhで、本体背面に指紋認証センサーを搭載。また、USB Type-C経由での18Wの急速充電にも対応しています。

このようなディスプレイ上にパンチホールを搭載したスマートフォンとしては、すでに韓国サムスンが「Galaxy A8s」を発表済み。さらに、ファーウェイのサブブランドとなるhonorも「honor View 20」の情報を公開しています。honor View 20は4800万画素カメラを搭載する点ではNova 4に似ていますが、こちらは最新プロセッサ「Kirin 980」を搭載したハイエンド向けモデルとなっています。

Nova 4の販売価格は4800万画素カメラ搭載モデルが3399元(約5万6000円)、2000万画素カメラ搭載モデルが3039元(約5万1000円)。端末はまず、中国向けに投入される予定です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, huawei, nova4, Punch Hole, smartphone
0シェア
FacebookTwitter