12月20日のできごとは「Winamp 終了予定日」「FonePad Note 6 発売」ほか:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
今日は何の日?
2018年12月20日, 午前 05:30 in today
0シェア
FacebookTwitter

12月20日のおもなできごと

1999年、日本初のADSLサービス「メタリック・コアラ」大分市で開始
2011年、「Winny」開発者金子勇氏の無罪が確定
2013年、ASUSが「FonePad Note 6」を発売
2013年、Nullsoftが発表した「Winamp」の公開終了日today

2013年:終了を宣言するもダウンロードは可能だった「Winamp」

today
1997年に登場し、軽さと使いやすさで人気となったメディアプレーヤーソフトが「Winamp」。プラグイン方式を採用し、さまざまな拡張やカスタマイズができることなどから、多くの人に利用されてきました。

2013年の11月に、12月20日のサービス終了を発表していたものの、その後Radionomy社に買収され、サイトはそのまま残ることに。ただし、バージョンは5.666のまま更新はされませんでした。そのまま2018年まで長い沈黙が続いていましたが、10月19日、最新版のβとなる5.8 build 3660が公開されました。

どうやら非公式版が流出したため、安全性を考慮して公式サイトで公開することに踏み切ったようです。こうした対応によるものとはいえ、Winampを常用していたユーザーにとってはうれしいところですね。なお、2019年に正式な新バージョンが登場する予定だとか。こちらにも期待したいところです。

2013年:6インチと大きく、しかもペンにも対応したファブレット「FonePad Note 6」

today
6インチ(1920×1080ドット)と大きくて見やすいファブレットとして登場した「FonePad Note 6」は、動画や電子書籍といったコンテンツを楽しむのにスマホでは小さくて見づらく、タブレットでは大きくて持ち歩きにくいと感じていた人にとってジャストサイズの製品。もちろん通話もできますし、付属のペンで手書きメモが可能という、なかなかの意欲作でした。ただし、今でこそ6インチサイズは普通ですし、ペンも見直されていますが、当時としてはニッチな製品でした。

ちなみにSoCはAtom Z2580で、対応する携帯ネットワークは3Gまで。すでにLTEは登場していただけに、対応していなかったのは残念でした。
 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, asus, fonepad, fonepad note 6, radionomy, today, winamp
0シェア
FacebookTwitter