12月25日のできごとは「Fx0 発売」「IDEOS 発売」ほか:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
今日は何の日?
2018年12月25日, 午前 05:30 in today
0シェア
FacebookTwitter

12月25日のおもなできごと

2010年、日本通信がAndroidスマホ「IDEOS」を発売
2014年、auがFirefox OS搭載スマホ「Fx0」を発売
2015年、ファーウェイが「Mobile Wi-Fi E5383」を発売
2015年、ASUSがLTE対応「ZenPad 7.0(Z370KL)」を発売today

2014年:国内キャリア初の(そして最後の)Firefox OS搭載スマホ「Fx0」

today
田中社長(当時)自ら「ビジネスは考えていない」と発言したほど、純粋に楽しさを優先させたスマホが「Fx0」。iOSやAndroidに対抗できるOSのひとつとして有望視されていたFirefox OSを搭載する製品で、中身が見える透明なデザイン、ケースの3Dデータ公開、ハッカソンの開催など、単純にスマホを売るのではなく、活用して盛り上げようという気持ちが伝わってくる立ち上がりでした。ただし、翌年2月にはOS開発元のMozillaがスマホ向けのサポート終了を発表し、9月に撤退を決定。後継モデルが出ることなく、Fx0も終了となりました。

Fx0は残念な結果となってしまいましたが、こういった遊び心のある製品がまた出てくれるとうれしいですね。

2010年:日本通信がSIMだけではなくAndroidスマートフォンを発売「IDEOS」

today
MVNO事業者の草分け的存在である日本通信。2010年といえばSIMフリー機の入手は難しく、モバイルルーターや既存ドコモ端末を流用してSIMを使うというのが一般的な頃でした。そんな中、日本通信が海外端末の通信販売で有名なEXPANSYSと協業し、国内での販売を開始したのが「IDEOS」です。

2.8インチ液晶(240×320ドット)と320万画素のカメラを備えたHuawei製のモデルで、OSはAndroid 2.2を搭載。Wi-FiはIEEE802.11b/g/n、通信は下り7.2Mbpsの3Gといったスペックでした。当時としてもやや非力で、動作はもっさりとしていましたが、10日間のデータ通信SIMが付属して2万6800円という価格の安さもあって人気となりました。

なおこのセットでは通話できませんが、翌年からIP電話サービスが提供され、050の電話番号で通話を可能としたのも面白いところです。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: au, firefox os, FirefoxOs, fx0, ideos, mozilla, mvno, NihonTsushin, SimFree, today
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents