ファミマが「ファミペイ」で独自スマホ決済参入 買い物額に応じてキャッシュバック

Tポイントなど他社ポイントとも連携

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年12月27日, 午後 03:50 in payment
0シェア
FacebookTwitter
engadget

ファミリーマートが独自のスマホ決済「ファミペイ」を2019年7月をめどに導入します。

「ファミペイ」は、バーコード決済に対応した残高チャージ式の電子マネーです。2019年7月をめどに現在のファミリーマート用アプリを刷新し、電子マネー機能をもった「ファミペイ」アプリとして展開するとのこと。ダウンロード目標は2022年度中に1000万件で、プラスチックカードは発行しません。

また、ユーザーには買い物額に応じたキャッシュバックを提供し、Tポイントなど他社ポイントとも連携します。なお独自のポイント付与は行いません。ファミリーマートの全店舗で利用できるほか、ドン・キホーテ(ユニー)でも利用できるよう協議しているとのこと。

「ファミペイ」導入の理由についてユニー・ファミリーマートホールディングス側は「キャッシュレス化の推進によるお客様の利便性の向上」「ビッグデータの活用による商品サービスの開発や来店促進」「店舗における省力化の推進」の3点を挙げています。

スマホ決済を巡っては「LINE Pay」「PayPay」「Origami」「楽天Pay」「d払い」など多数発表されており、乱立の様相も呈しています。

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: famipay, payment, payments
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents