12月29日の話題は「四脚ロボの米軍不採用」「心拍計内蔵マウス」:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
今日は何の日?
2018年12月29日, 午前 05:30 in today
0シェア
※年末年始は製品やサービスの発売、発表のニュースが少ないため、過去の今日から気になる記事を紹介します。today

2015年:米軍から不採用とされてしまったGoogleの四脚ロボ「BigDog」

today

ボストン・ダイナミクス(Google、現:ソフトバンク)が開発した運搬用の四脚ロボットは、生き物っぽさのある動きで注目され、悪路をものともしない踏破能力や、蹴られても倒れない安定性で話題となったもの。歩兵とともに戦地を移動する荷役ロボットとして開発され、試験や演習などを行っていましたが、最終的に軍での採用は見送られてしまいました。

理由のひとつに挙げられたのが、エンジン音が大きすぎるというもの。充電池では稼働時間が制限されてしまうため、エンジンを搭載していたことが仇となってしまったようです。動画を見たことがある人であれば納得できる理由ではありますが、ちょっともったいないですね。

現在はソフトバンク下。バッテリー駆動の「Spot robot」が、建設現場で活用できるかの実証実験などが行われています。




2016年:握るだけで心拍数がわかるセンサー搭載マウス「MA-HLS1」「MA-WHLS1」

today

活動量計やスマートウォッチに心拍計が内蔵されることは珍しくないですが、PC周辺機器、しかもマウスに内蔵されるとなると、ちょっと珍しいですね。そんなマウスがサンワサプライから登場した「MA-HLS1」(有線)と「MA-WHLS1」(無線)です。

ぱっと見は普通のホイール付きマウスですが、親指の当たるところにLEDを使った心拍計が内蔵されており、マウスを自然に握っている状態のまま心拍数が計れる、というのが最大の特徴。キーボードだと指をじっと触れている時間が限られてしまいますが、マウスなら長時間握ることが多いだけに、PCの機器に心拍計を内蔵するのであれば、マウスは最適といえなくもないでしょう。

PCを操作している間に心拍数が見たくなるシーンがそうそうあるとは思いませんが、ゲーム中の心拍数の変化をみられるというのは、ちょっと楽しそうですね。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: boston dynamics, BostonDynamics, heart rate, HeartRate, mouse, sanwa supply, SanwaSupply, softbank, Takenaka Corporation, today
0シェア

Sponsored Contents