ポケモンGO 冬休みに揃えたい新規・イベント限定・色違いポケモン一覧 (入手方法別)

魚と銅鏡がキナ臭い

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2019年01月1日, 午前 10:59 in niantic
0シェア
FacebookTwitter


まもなく終わる「ポケモンGOホリデー」イベントとあわせて、いまのうちに揃えておきたい新規追加や期間限定のポケモン、見つかれば嬉しい色違いポケモンを入手方法ごとにサクッとまとめます。

野生で出現



ドーミラー #436 (ドータクン #437 に進化)
スコルピ #451 (ドラピオン #452 に進化) 10kmタマゴからも孵化
グレッグル #453 (ドクロッグ #454 に進化) 5kmタマゴからも孵化
ケイコウオ #456 (ネオラント #457 に進化)
ユキカブリ #459 (ユキノオー #460 に進化) 5kmタマゴからも孵化

野生はシンオウ地方からの新規5種、それぞれの進化先を合わせて10種が図鑑の新規エントリー。

ユキカブリは比較的よく見かけますが、スコルピ・グレッグルは頻度が低く、ケイコウオ・ドーミラーはさらに発見報告が少ないようです。

5種(10種)とも冬イベントにあわせて新規登場したものの、イベント期間限定とは明言されていません。従来の例からすれば、イベント後も野生やタマゴから恒常で入手できる可能性が高そうです。その一方、イベントで初登場してやたら見かけたポケモンが、終了と同時に極めてレアになったケースも多数。

そう考えると、タマゴから孵化せず目撃報告も少ない2種はできるだけ押さえておいた方が安心できそうです。もちろん、イベント後も野生やタマゴやレイドであっさり手に入るようになる可能性もあります。

ケイコウオはタイプ的に水辺に出現しやすいのでは、と言われますが、川や海の近辺なら容易に見つかるわけでもありません。

野生の新規ポケモン探しはやはり、ひたすら移動して「付近のようす」をこまめに確認、シルエットを見たら万難を配して向かう、画面を見ていられないときはポケモンGO PlusやモンスターボールPlusの(半)自動捕獲で一網打尽にしてかかるのを待つ、が基本です。

期間限定で野生出現

デリバード #225 ※色違い追加
ピカチュウ #25 ※赤い帽子個体、従来から色違いも

昨年もホリデーシーズン限定で出現した2種。デリバードの色違いは今回の新規追加です。赤い帽子のピカチュウも色違いの場合があります。

ピカチュウが帽子を被っている期間、タマゴから孵化するピチューも原則として帽子個体なので、「赤い帽子のピチュー」は期間限定かつタマゴ限定。さらに低確率で色違いの場合もあるため、「帽子の日焼けしたピチュー」はかなりのレアです。

7kmタマゴ(ギフト限定)から孵化

リーシャン #433
ゴンベ #446
タマンタ #458

新規はベビィポケモンが3種。進化しても実装済みの種になるので、図鑑エントリーとしては3つです。

ルリリ #298 (マリル #183 - マリルリ #184) ※色違い追加
リオル #447 (ルカリオ #448 に進化) ※2018年秋から10kmタマゴで実装。冬イベントで7kmタマゴに変更

1月2日(3日早朝)までの孵化距離半減ボーナスと、2日まで毎日ひとつ貰える無料ふかそうち、アプリを閉じていてもカウントされるいつでも冒険モードの組み合わせで、以前とは比較にならない早さでタマゴが孵化してゆきます。孵化装置のセット忘れや、タマゴスロットの空きをこまめに確認しましょう。

7kmタマゴをうまく手に入れる方法と注意事項はこちら。

ポケモンGO冬イベント、31日からタマゴ距離半減。ゴンベほか新規の孵化チャンス🐣

シンオウのいしで進化



11月のイベント「タマゴマラソン」と同時に加わった、「シンオウのいし」で進化するポケモンは11種。
  • ドサイドン (サイドン)
  • エレキブル (エレブー)
  • ブーバーン (ブーバー)
  • ポリゴンZ (ポリゴン2)
  • トゲキッス (トゲチック)
  • ムウマージ (ムウマ)
  • ドンカラス (ヤミカラス)
  • マニューラ (ニューラ)
  • ヨノワール (サマヨール)
  • ロズレイド (ロゼリア)
  • グライオン (グライガー)
当初は7日間に一度のチャンスしかなかった「シンオウのいし」も、対戦の報酬としてランダムで手に入るようになりました。

確率は高くないものの、チームリーダー(コンピューター)との対戦では1日1回、対人戦ならば1日に3回まで報酬がもらえるため、そろそろシンオウのいしは集まった、あとはアメかふさわしいエリート個体待ちの場合も多いかもしれません。

ポケモンGO 対戦機能トレーナーバトル正式発表。システム詳細まとめ

(EX)レイドで入手



ヒードラン
ポケモンGO、伝説レイドはまさかの『ヒードラン』。1月15日まで這いまわる

デオキシス (アタックフォルム)
ポケモンGO、EXレイドの『デオキシス』がアタックフォルムにチェンジ

おまけ

Pokemon GO

2019年を迎えて、ポケモンGOのロード画面も新年祝いに切り替わりました。

花火を見上げる後ろ姿が大きく描かれているのはエレキブル、ピカチュウ、イーブイ、中央にルカリオですが、奥には小さくウリムー、ブーピッグ、右端には見切れ気味にバネブーが。

ウリムーは分類がそのまま「いのぶたポケモン」、バネブーとブーピッグは外見も名称もぶたをモチーフにしています。

亥年にあわせたセレクトと思われますが、もしかすると新年のどこかのタイミングで、このような「ぶた・いのしし」ポケモンの増加や色違い追加があるかもしれません。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: niantic, pokemon, pokemon go, pokemongo
0シェア
FacebookTwitter