ソニー初の8Kブラビア「Z9Gシリーズ」発表:CES 2019

4K有機ELの新フラグシップも登場

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2019年01月8日, 午後 01:00 in av
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
米国のラスベガスにて開催されている家電見本市「CES 2019」にて、ソニーは8K液晶テレビ ブラビア「Z9Gシリーズ」を発表しました。

ソニー初の8K液晶テレビとなるZ9Gシリーズは、98型と85V型をラインアップ。高画質プロセッサー「X1 Ultimate」に8K超解像アルゴリズム用の専用データベースを内蔵し、あらゆるコンテンツを8K解像度にアップコンバートします。

さらに、8K用に最適化したバックライトLEDモジュールと制御アルゴリズムを新規に開発。これらの技術を組み合わせることで映像の高精細化・高コントラスト化を図りました。音響面では、画面の上下に4つのスピーカーを搭載しています。


Engadget

ほかには、4K有機ELテレビのブラビアMASTER Series「A9G」を発表。77、65、55V型をラインアップしています。A9Fシリーズ比で約1/2の薄さが特長です。X1 Ultimateに加えて、コントラストを忠実に再現する独自のパネル制御技術「Pixel Contrast Booster」を搭載しています。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 8k, av, ces2019, display, sony, tv
0シェア
FacebookTwitter