HTCの次世代XRヘッドセット VIVE Cosmos発表。PC接続とモバイル両対応、単体トラッキング対応

スマホと接続?

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2019年01月8日, 午後 01:30 in wearables
0シェア
FacebookTwitter


HTCが新しいVRヘッドセット Vive Cosmos を発表しました。CosmosはPCと接続して使うことも、モバイルでも使えるハイブリッド仕様の製品。

ヘッドセット本体に4つのカメラを備え、外部にマーカーやセンサを設置しなくても、単体でヘッドセットとハンドコントローラの位置トラッキングに対応します。

VRだけでなくカメラの映像に重畳するAR / XRにも対応すること、はね上げ式バイザーとヘッドバンドで装着しやすく負担が少ないことなどが特徴です。




HTC Vive Cosmos

HTC はこれまで、高性能なPCに接続するタイプのVRヘッドセットHTC VIVE と VIVE Pro および、スマホ同等のモバイルプロセッサで単体動作するスタンドアロン型のVIVE Focus を展開してきました。

今回のCESで新たに発表したヘッドセットは、Vive PRO にアイトラッキングを追加した Vive PRO Eye と、 新コンセプトの製品 VIVE Cosmos の二機種。

Pro Eye は従来モデルを継承しつつ、まばたきや視線インターフェースに対応した上位機種の位置付けであるのに対して、Cosmos は「シンプルさ、導入しやすさ、扱いやすさ」を追求した最新のVRヘッドセットとされています。

特徴的なのは、ヘッドセットの正面に二つ、側面に二つのカメラを備えること。HTCはCosmosの仕様について詳細を明らかにしていませんが、カメラの映像をもとにヘッドセットの位置を検出する「インサイドアウト」式トラッキングに対応するものと考えられます。

(ハンドコントローラのリング状ハンドガード部分も、光るパターンを前面・側面のカメラで捉える6DoFトラッキングであることを示しているのかもしれません。)




VIVE / VIVE ProのようにPCとの接続でも、「それ以外」との接続でも使えること、PCなしのモバイル環境でも使えるとされていますが、具体的な仕様の詳細は未発表。

VIVE Cosmos は2019年の早い時期に開発者キットを提供予定。製品としての価格や詳細は今年後半に改めて発表予定です。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: ar, ces2019, cosmos, htc, htc vive, htcvivecosmos, vive, vr, wearables
0シェア
FacebookTwitter