samsung
サムスンが同社の2019年型スマートテレビ(今年3月発売)にて、アップルのiTunes映画やテレビ番組およびAirPlay 2のサポートを開始することを発表しました。

同様の機能は、サムスンの2018年型スマートテレビでも、ファームウェアアップデートによりサポートされるとのこと。Apple TV等を使わずテレビでアップルの動画サービスが利用できる、世界初の例となります。上記のサムスン製スマートテレビには新アプリ「iTunes Movies and TV Shows」が提供され、購入済みのiTunesライブラリへのアクセスや、iTunesストアでの購入・レンタルが可能になります。該当するテレビを持っている人は、Apple TV 4Kを追加購入しなくても、iTunesで買った4K HDR対応の動画を楽しめるわけです。

これらの映画やテレビ番組では、ユニバーサルガイドや音声アシスタント「New Bixby」、「Search」などサムスン製スマートテレビの機能が利用できます。特にアップルのサービスだからと意識することなく、サムスンのプラットフォームとして一貫した操作体験が実現しているとのこと。

そしてAirPlay 2の利用はさらに簡単です。iPhoneやiPad、Macといったアップル製品から動画や写真、音楽やPodcastのストリーミングが、Apple TVと同じ手軽さでサムスンのスマートテレビ上で再生できるようになります。

アップルが独自テレビ番組の配信や動画サブスクリプションサービスの準備を進めているという話は何度も伝えられており、昨年末には顧客の裾野を広げるためにテレビに挿す安価なドングル製品を検討中との噂も報じられていました

スマートフォン分野では対立が目立つサムスンとアップルですが、「自社テレビで利用できるサービスを増やして製品価値を高めたい」と「iTunes動画の利用プラットフォームを増やし、動画サブスクリプション普及の布石としたい」という利益が一致しているのかもしれません。