HTC、Viveport Infinity発表。無制限ダウンロード可能なサブスクリプション、4月5日から

現在は5タイトルで月額1000円

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年01月8日, 午後 05:00 in wearables
0シェア
FacebookTwitter
HTC Viveport infinity
HTCがViveportのサブスクリプションサービスに、無制限ダウンロードが可能な「Viveport infinity」を発表しました。

Viveportは同社のVRヘッドセット Viveデバイス向のアプリストア。従来からサブスクリプションサービスは行われており、毎月5タイトルを定額で利用可能です。

Viveport infinityは、この5タイトルの制限がなくなり、500以上のサブスクリプション対象タイトルを無制限にダウンロード・プレイが可能になるもの。無制限サブスクリプションは、VR向けとしては世界初だとしています。

なお、Viveport Infinityは、Viveデバイスだけではなく、Oculus RiftやVive Waveを利用する他社のデバイスからもアクセス可能とのことです。ちなみにVive Waveは、スタンドアロンVRヘッドセットVive Focusと共に発表された、モバイルVR向けのオープンプラットフォームです。


Viveportサブスクリプションは、購入前にコンテンツを試し、気に入ったものだけを購入するといった目的でも使われているとのことでしたが、無制限ダウンロードが可能になればこの使われ方も変わってきそうです。

サービス開始は4月5日のVive Day(Viveの発売記念日)から。肝心の料金が未発表ですが、現在は月額1000円なので、それより高くなるのは間違いなさそうです。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: ces2019, gaming, gear, htc, htcvive, personal computing, personalcomputing, wearables
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents