rcs
アップルがSMSやMMSの次世代サービスRCS(Rich Communication Service)を、iOSの機能に含めることを検討しているとの噂が報じられています。

この噂の発端となったのは、米ネット掲示板Redditに投稿されたGSMA(モバイルネットワーク事業者の業界団体)イベントでの1枚のスライドです。昨年10月開催の同イベントに参加したアップルが「iOSにRCSを含めることについて、GSMAや通信事業者と話し合っている」とされています。

が、同スライドではiOSのRCS統合メリットを抽象的に列挙するに留まっており、アップルが実務的にどこまで関与しているかは不明です。RCSとは、手短にいえばSMSやMMSよりも情報量の多いメッセージを、キャリアを超えてやり取りできるサービスのこと。より多くの文字数、画像や動画などをデータ送信でき、既読確認や複数人でメッセージをやり取りできるグループ機能にも対応しています。

これらはLINEやFacebookメッセンジャー等ですでに実現している機能ばかりですが、サービスが電話番号に紐付けられており、独自アカウントを取得する必要がないことが特徴です。

RCSサービスは、2018年初めに全世界43のキャリアとデバイスへの採用が発表。さらに日本では同年5月に、NTTドコモとKDDI(au)、ソフトバンクのAndroidスマートフォンに「+メッセージ」として導入されています。

ではiOSの基本機能にRCSが追加されると、どのようなメリットがあるのか。上記スライドは、次のように説明しています。
  • アップル製品ユーザーからアップル以外のデバイスへのメッセージング体験を向上させる
  • アップル製品が集中している市場での、通信事業者のRCSへのニーズを満たせる
  • ポスト2G、ポストSMSの将来に備えられる

実際に、複数の通信事業者からアップルにRCSを採用するよう要望が高まっているとも記載されています。

リッチなデータ送信やグループメッセージ等のRCS機能は、iOSのiMessageでサポート済みです。そのため米アップル関連情報サイト9to5Macは懐疑的な見方をしているものの、アップルはここ数年間で大きく変わったとして「何でもありだろう」と一応の可能性は認めています。

iMessageと同等のメッセージ機能がiPhoneから他社キャリアのAndroidデバイスに対しても使用可能となれば、便利になるには違いないはず。

それに現状の「+メッセージ」は、別途アプリを導入をした上で各キャリアごとに異なる設定が必要とされることが普及の壁になっている感がありますが、「買ったiPhoneに最初から入っている」形で提供されれば、利用が促進されるかもしれません。