Sonyのノイズキャンセリングヘッドホン「WH-1000XM3」がAlexa対応

Alexaに勢いを感じます

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年01月8日, 午後 07:00 in av
0シェア
FacebookTwitter
Sony WH-1000XM3 add Alexa
米ラスベガスで開催されているCES 2019のプレスカンファレンスにおいて、同社の人気ヘッドホンWH-1000XM3にAlexa対応のアップデートを行うことを明らかにしました。ファームウェアアップデートは1月末から配信予定となっています。

2018年8月末のIFA 2018で発表されたWH-1000XM3は、Googleアシスタントに対応していましたがAlexaには非対応。ただ、同じくIFA 2018では、スマートフォンと連携するワイヤレスヘッドホンを今冬以降にアップデートでAlexa対応するともしていました。今回の発表は、それを実行に移すものです。


Alexa対応により、ボタンを押すだけでAlexaに音楽の再生やトラックのスキップ、楽曲の検索などを指示可能。また、通常のAlexaデバイス同様にスマートホーム製品の操作も行えます。

なお、旧モデルとなるWH-1000XM2、ノイズキャンセリングイヤホンのWI-1000XもアップデートでAlexaに対応するとのことです。

1000Xシリーズ同様、ノイズキャンセリング機能に定評があるBOSEのQC 35 IIは、一足早く2018年8月にAlexa対応済み。また、2018年11月には、AmazonはAlexa Mobile Accessory Kitを全メーカーに提供開始しており、今後もAlexa対応のデバイスは増えていくと考えられます。


 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: alexa, amazon, av, ces2019, gear, headphones, sony, update, wh-1000xm2, WH-1000XM3, wi-1000x
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents