1月13日のおもなできごと

2012年、ロジクールがウェブカメラ「C920」を発売
2015年、カシオが1000fps撮影に対応した「EX-100PRO」を発売
2015年、シャープが「X68000」のサービスマニュアルを公開
2017年、cheeroがポケモンコラボケーブル「CHE-245」を発売today

2015年:基板の回路図まで掲載された「X68000」のサービスマニュアル公開

today
X68000といえば、当時を知る人なら一度は憧れたであろうシャープのホビー向けパソコン。CPUに16bitのMC68000を搭載した製品で、グラフィック性能に優れていたこと、プログラミング環境が充実していたことなどから、コアなユーザーを中心に人気の高いモデルとなっていました。

そのX68000の販売店や修理業者が使用するサービスマニュアルが無料で公開されたのが、2015年の今日です。電子書籍ストアの「GARAPAGOS STORE」(現:COCORO BOOKS)からダウンロード可能で、システム構成のブロック図やメモリマップ、基板の回路図まで、細かく記載されています。サポート終了から長年経ったX68000の修理用資料として、これ以上はないほどの正確な情報源といえるでしょう。

ちなみにサービスマニュアル以外にも、当時のカタログなども無料で公開中。「X68k」という文字に惹かれる人であれば、チェックしてみてください。

2017年:ポケモンと公式コラボした巻き取り式のUSB充電ケーブル「CHE-245」

today
ポケモンの重要アイテム、モンスターボールのデザインを採用した巻き取り式の充電ケーブルが「CHE-245」。ケーブル長は70cm、コネクターはmicroUSBとLightningの共用で、microUSBの先にキャップを装着することでLightningへと変換できる仕様です。

巻き取り式といえば線が細く、充電速度が遅くなったり、断線などの不安がありますが、この製品はしっかりとした太いケーブルを採用。こういった不安なく使えるのが魅力です。カラーはブルー、レッド、イエローの3色あり、ポケモンGOのチームカラーに合わせて選べるのもいいですね。

発売から2年ほど経っていますが、今でも入手可能。ポケモンGOで遊ぶのにいい充電ケーブルが見当たらないというのであれば、検討してみてはいかがでしょうか。