1月15日のできごとは「IRKit 発売」「ホムテル3G 発売」ほか:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
今日は何の日?
2019年01月15日, 午前 05:30 in today
0シェア
FacebookTwitter

1月15日のおもなできごと

2001年、インターネット百科事典「ウィキペディア」が発足
2014年、IRKitプロジェクトが「IRKit」を発売
2016年、エイビットが3G対応の固定電話機型「ホムテル3G」を発売
2016年、リコーイメージングが「PENTAX 645Z IR」を発売today

2014年:オープンソースのWi-Fi赤外線リモコンが7500円の低価格で登場「IRKit」

today
オープンソースで開発されたWi-Fi赤外線リモコンが、「IRKit」。Wi-Fi接続できる学習リモコンが高価だったころに7500円という低価格で登場し、公式アプリで操作できるだけでなく、SDKを使ったアプリ開発もできるということから注目されました。

もちろん、回路図からファームウェアまで公開されていますので自力で作ることも可能ですし、センサーの追加、ファームウェアの改造で独自機能を搭載するなど、カスタマイズも自由にできます。

スマートスピーカーが登場し、これに対応するWi-Fi赤外線リモコンが多数発売されている現在の状況を見ると、ずいぶんと普及してきたんだなという気がしますね。

2016年:固定電話機型の携帯電話がSIMフリーの3G対応になって登場!「ホムテル3G」

today
2011年に発売されたPHSの「イエデンワ」は、多くの人が二度見する固定電話デザインが話題となりましたが、電池で動くこと、固定電話回線不要で使えること(当然ですけど)から、一時的に電話を置きたい仮設事務所や災害時の緊急電話機などとして、意外と実用的な製品でした。その系譜となる3G対応モデルが、この「ホムテル3G」でした。

見た目は固定電話ですが、中身は普通のSIMフリーの3G携帯電話。音声だけでなくデータ通信にも対応し、テザリング機能でWi-Fi経由の通信も可能と、なかなかユニークなモデルとなっていました。

残念ながらLTEモデルは登場していませんが、5G導入のタイミングで新モデルなんてどうでしょうかね、エイビットさん。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 3g, abit, irkit, sim free, SimFree, smart speaker, telephone, today
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents