廉価版Pixel 3 Lite XLはSnapdragon 710にRAM 6GB搭載か

LiteなXLというネーミングはどうなのか

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年01月15日, 午後 03:10 in mobile
0シェア
FacebookTwitter
Pixel 3 Lite XL
以前から噂が出ている廉価版Pixel 3 / 3 XLですが、そのうちの大きい方、Pixel 3 Lite XLのものとされるベンチマーク結果がベンチマークサイト「Geekbench」で見つかりました。

2018年10月にリリースされたGoogleの最新スマートフォンPixel 3 / 3 XL。その廉価版として噂されているのがPixel 3 LiteとPixel 3 Lite XLです。5.56インチでSnapdragon 670搭載と言われるPixel 3 Liteのほうは、これまで何度か実機とされる画像が流出していますが、6インチで一回り大きなPixel 3 Lite XLは、12月に予想レンダリングが出ていたのみです。


新たにGeekbenchで見つかったのは、Pixel 3 Lite XLと考えられる「Foxconn Pixel 3 XL」という端末。

Geekbench Pixel 3 Lite XL

SoCはSnapdragon 710となっており、これまで噂されていたSnapdragon 670ではありません。ただ、Pixel 3 Lite XLはSnapdragon 710を搭載するとの噂も以前から出てはいました。

意外だったのが、RAMのサイズ。Pixel 3やPixel 3 XLは、4GBのRAMを搭載しており、Pixel 3 Lite XLも4GBと伝えられていました。しかし、ベンチマーク結果では6GBとなっています。

廉価版がオリジナル以上のRAMを搭載することがあるのか、やや疑問も残りますが、スペックダウンしたSoCを補う目的でRAMを増量するのかもしれません。なお、本当に6GBを搭載した場合、Pixelシリーズでは初の6GB端末となります。

とはいえ、ベンチマーク結果は比較的簡単に偽造が可能でもあり、今回の情報も、その信憑性は定かではありません。ただ最近のハイエンド端末同様、Pixel 3 / 3XLは高額なため、手軽な価格のGoogle端末は登場を期待したいところです。

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, google, mobile, pixel, pixel3lite, pixel3litexl, smartphone
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents