ウェットフードにも対応!5食セットできるペット用自動給餌器1万1000円で登場

ユーザーの声でペットにごはんをおしらせします

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2019年01月22日, 午後 06:00 in gadgetry
0シェア
FacebookTwitter


Engadget
ジーフォースはペット用品のブランド「WAGWAG(ワグワグ)」を立ち上げ、猫と中小型犬を対象とした自動給餌器「WAGWAGオートフィーダー」、自動給水器「WAGWAGウォーターファウンテン」を1月下旬から販売開始します。

(代表画像はWAGWAGオートフィーダーの蓋を外した内部の様子です)

WAGWAGオートフィーダーは、最大5食分をセットをセットできます。給餌部は小分けのトレイタイプになっているので缶詰などのウェットフードも使用できます。トレイの回転中に障害物があると回転が自動で停止する設計。回転するトレイにペットが挟まれた場合のケガのリスクを抑えられるそうです。

Engadget▲最大10秒の音声録音が可能なので、ごはんの時間になると自動で再生しユーザーの声でペットに餌付けすることができます

フードカバーはロックボタンを押さないと外れない構造を採用。1900gで平らな構造なのでペットがイラズラしたりひっくり返したりしにくい作りになっています。電源はACアダプターか単二電池4本。価格は税別1万1000円です。
Engadget
WAGWAGウォーターファウンテンは、飲み水をフィルターでろ過しながら循環する自動給水器です。大容量の3Lタンクで容量800mlの多目的ボウルが付属しており、フードやキャットグラスを入れることができます。専用のナノシルバー殺菌フィルターが水中のバクテリアやカビ、ウィルスを効果的に殺菌するとのこと。価格は税別6500円です。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: feed, gadgetry, lifestyle, pet
0シェア
FacebookTwitter