横長パンチホール搭載したGalaxy S10+の実機らしき画像が登場

SF映画のロボット風?

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年01月26日, 午前 11:00 in android
0シェア
FacebookTwitter
Galaxy S10

韓国サムスンが開発中とされる「Galaxy S10/S10+」らしき端末の画像がリークしています。画像では円形だけでなく、横長なパンチホールデザインが確認できます。

海外テックサイトのAll About Samsungが公開した今回の画像では、左側のGalaxy S10にシングルカメラを内蔵したパンチホールが、そして右側のGalaxy S10+ではデュアルカメラを配したパンチホールが確認できます。また上部ベゼルは極めて狭く、本体下部にはUSB-Cポートとイヤホンジャックが存在しています。

Galaxy S10

Galaxy S10では基本モデルとして3バリエーションの登場が期待されており、ディスプレイサイズは5.8〜6.4インチに分かれるようです。また、Galaxy S10+のみがフロントにデュアルカメラを搭載する模様。さらに、6.7インチディスプレイを搭載し5G通信に対応したアニバーサリーモデルの開発も進められているとの指摘があります。

Galaxy S10+

サムスンは2月20日にイベントを開催しますが、今回のGalaxy S10/S10+だけでなく、昨年には新ディスプレイ「Infinity Flex」のチラ見せで終わった「折りたたみスマートフォン」に関する情報公開も期待されています。中国シャオミ米モトローラの折りたたみスマートフォンに関する情報も登場する中、サムスンによる新たなアプローチが注目されそうです。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, galaxy, Punch Hole, Samsung, smartphone
0シェア
FacebookTwitter