FaceTimeの盗聴バグ、早くもアップルが対応に動く。グループFaceTime機能を一時停止中

プライバシー保護の観点でやはり問題が大きかったか

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年01月29日, 午後 04:45 in Security
0シェア
FacebookTwitter
Apple Showcase
iOSデバイスやmacOSが搭載するFaceTimeのグループ通話機能に、相手側が出る前に音声が聞こえるバグが見つかったのを本日お伝えしたばかりですが、すでにアップルはグループFaceTime機能を無効にする措置を取った模様です。

アップルのサービス運用状態がわかるSystem Statusページでは、FaceTimeの部分が「問題あり」になっており、Group FaceTimeが使用できない状態であることを知らせています。問題が見つかった当初、アップルは今週中に出るアップデートで対応するとしていました。
Apple

このFaceTimeバグは、誰かとビデオ通話を開始しようとした際に、グループ通話に切り替え、自分の電話番号をグループに加えると、相手が通話に出る前に相手のデバイスの音声(と映像)が聴こえてしまうというもの。

これに関してEngadgetが問い合わせたところ、今週中にはアップデートを配布すると回答していました。しかしこの対応ではアップデートがリリースされるまでは問題が野放しになるうえ、つなぎの対応としてもユーザーとしてFaceTime機能全体をオフにするしかなく、FaceTimeを利用するユーザーに極端な不便を強いる格好になることが予想されました。

アップルとしては、アップデート配布までの数日間とはいえ、ユーザーのプライバシーを危険に晒す可能性があるバグを放置するより、まずはグループFaceTime機能そのものをバックエンドでオフにするほうが安全だと判断したのかもしれません。これなら、少なくとも1対1のFaceTime通話には支障はなく、ユーザーの不便も最小に留められます。

もし、それでもなにか不安に感じる要因をお抱えなら、やはりFaceTime機能をオフにしておく方が確実です。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: apple, eavesdropping, facetime, gear, ios, ios12, macos, Security
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents